【マンション購入記03】管理人が求めるマンションはこれだ!(間取り・設備編)

マンション購入に向けまだ何もやっていないのに妄想だけですでに第三回まで進みました管理人の「マンション購入記」
今回は管理人が物件に求める理想の間取りと設備等についてご紹介していきたいと思います。この間取りの追求性こそが管理人がマンション購入をしたい一番の理由であり、このために大枚はたいてマンション購入というリスクに突っ込んでいくというものです。もしこの時代にDIY賃貸がもっと普及していたらおそらく私はこれからも賃貸で過ごしていたでしょう。

管理人が住むマンションに求める4つの間取り・設備条件

広さができれば60平米、最低50平米の大きめの1LDKがとれる広さがある。


購入する物件でまず私が重視したいのは、広めのLDKとプラス一部屋がとれる広さがあることです。リノベーションを前提としているので現状の間取りは2DKだろうがなんだって良いのですが、理想を実現するには60平米、金額の折り合いがつかなければ一部屋は諦めて50平米は欲しいところです。
どんな部屋にしたいかという点については後述しますが、マンション購入の一番の目的は自分の好きな部屋に住めることだと思いますので、ここはなるべく追及していきたいと思っております。

 

料理しながらテレビが観れる、ながら人間のためのキッチン配置の極致


例えばキャンプを新たに始めるとき、まず道具をスノーピークの高級品でまるごと揃えるように「形から入るタイプ」の私は、いま全く料理をしなくてもしようと思ったら最高のキッチンを整備するというのが信条です。
というのも私がいま現在料理をあまりしない理由の一つとして挙げられるのが、部屋とキッチンが離れているからです。勉強するときはラジオ、パソコンするときはテレビを、という~しながら人間の私はもくもくと料理を作って、もくもくと洗い物をして片付けるという所作ができないのです。そのため、私がマンションを購入するときはリノベーションによりカウンターキッチンから大型テレビを観ることができる環境を整えたいと思っております。これにより週一くらいハンバーグやオムライスをつくるようになると考えられます。

 

ペットを飼わなくてもペット可物件


いよいよコイツなに言ってんだと思われる方が多数かと思いますが、これも理由があります。
例えば普段から海外なんて行きたくない!と言っている人間にじゃあ君は海外一生行けない人間ね。と言われると途端にハワイに想いを馳せてしまうように、ペット可物件に住んでいると何とも思わないのに、ペット不可物件に長く住むことが決まると、もう望んでもペットを飼えなくなるという一つの可能性が失われ、なんだか途端にペットショップと猫カフェに通い詰めてしまう、管理人はそんな生き物なのです。今は必要はないけど、いつか必要になるときが来るかも。そう、人は希望があるから進んでいけるということでしょう。

 

一部屋だけである程度生活が完結でき、極力動かなくてよい配置


これは億劫人間である管理人だから言えることかと思いますが、通常住まいと言えば、寝室・リビング・キッチン・ダイニング・風呂トイレ等用途によって部屋が分かれていることが一般的および理想的と言えます。しかし、いちいち動くのが面倒なトロールな私としては、最低限くつろぐリビング・料理するキッチン・寝るベッドルームが一部屋で完結していることが求められます。「じゃあ20平米くらいの1Rでも住んでろや!!」とツッコまれそうですが、そんな間取りのなかでもゆとりとデザイン性と機能性を追い求めたい性分なのです。
特にキッチンとベッドが近いことでにおいを気にされる方が多いと思いますが、気にならない単身者の管理人だから目指せる間取りと言えるでしょう。

 

管理人が求める間取りはどんな感じなのか実例紹介

と前回に引き続き、難解な我が儘を言ってきましたが、おそらく皆さんは「結局求めている間取りって具体的にどんな感じ?」と疑問に思われたでしょう。そのため今回は皆さんとイメージを共有するため、インテリアショップが提供している間取り作成ツールを利用させていただきました。

これはインテリアショップ「クラスティーナ」さんが提供している無料3Dインテリアシミュレーションツールです。
本来は自分の間取りにこちらが販売している家具を配置してイメージするためのシミュレーションなのですが、今回はそちらをお借りして管理人が求める間取りを再現してみました。実際に販売している家具+αの素材がメインなので、隙間を埋めるためにぬいぐるみを置いたりして、再現には限界がありますが、おおよそイメージと近いものが出来上がったと自負しております。

管理人が求める理想の間取りはこれだぁ!

これはあくまでLDK部分だけの再現にはなりますが、なんとなくイメージはできますでしょうか。
20帖ほどのスペースに横長のカウンターキッチンがあり、そこからテレビを観ながら料理ができます!ダイニングテーブルはありませんが、キッチンのよこはちょっとした食事スペースとなっており、単身者の私なら十分な広さです。また、寝ようと思ったらキッチン・リビングから三歩でベッドに潜ることが可能です
ちなみにこの間取りは原型からは結構離れていますが、とあるドラマのインテリアを参考にしています。なかなかリノベーションなしでは実現しえない間取りかと思いますが、この一部屋だけの50平米の間取りであれば、管理人の収入でも届くかもしれませんが、プラス一部屋となると金額もかなり上がり現状では難しい状況です。今のうちに頭金を貯めてチャンスが巡ってきたらすぐ動けるようにしておきたいと思います。

関連記事

  1. 【マンション購入記02】管理人が求めるマンションはこれだ!(周辺環境編…

  2. 【マンション購入記01】管理人が求めるマンションはこれだ!(立地編)

  3. 【マンション購入記04】管理人に5000万円のマンションは買えるのかラ…

PAGE TOP